在宅ワークについて私が思うこと。

在宅ワークについて考えること

私はいつも「もちろん」と繰り返し答えることにしている。

 

どの会社にも、ジャック・在宅ワーク支持者のような人材は何人かはいるものである。

 

もし変化を起こす人材が、マネジメント階層の階段を上っていないとすれば、それは単に企業内の政治的駆引きが、こうした人材の昇進の道を閉ざしているだけのことなのだ。

 

目を大きく開いてよく見れば、あなたの会社にも二一世紀に出てくるであろう多様な挑戦に対処できる人材は必ずいるのである。

 

企業変革という大規模な変化をうまくやってのけるには、特殊な個性が必要とされる。

 

私は在宅ワーク支持者をリーダーとして尊敬しているし、|人の人間としても好きである。

 

彼を単に恐ろしい人物として片付ける人は、大事な点を見落としている。

 

たしかに彼は、人が思わずひるんでしまうような激しさを表に出すこともあるし、彼が怒っているときに近くにいるのは、とても愉快な経験とはいえない。

 

在宅ワーク支持者の強情さは、ときどき彼を威圧的にもする。

 

すでに表面上は決着がついたようにみえる案件についても、彼がその結果に満足するまでは何度でも蒸し返す男である。

 

彼はまたダフな男であるが、これはキリストを連想させる類のものである。

 

彼は心の奥深くにある信念によって時に冷酷になれるのであり、良くも悪くも在宅ワーク支持者は自らに誠実な男なのである。

 

在宅ワーク支持者は自分自身について、人より頭が良い以外はごく普通の男、とみているように思える。

 

形式ばらず、気取りのないこの男は、一緒にいて居心地のいい友人にもなれる。

 

何人かの人が考えているように、もし在宅ワーク支持者がカリスマ性をもっているとすれば、それは彼が人々といるのを非常に楽しんでいるからである。

 

一度離婚した在宅ワーク支持者は、一九八九年に再婚した。

 

企業買収/合併分野の弁護士をしていた現在四○歳になるジェーン・在宅ワーク支持者は、思ったことを率直に言う非常に知性的な女性である。

 

在宅ワーク支持者は、いるありふれた企業経営者でさえも、ある程度の頭脳とエネルギーは必要とされる。

 

ビジョン、肉体的スタミナ、そして危機感はもちろんのこと、他人への尊敬や複雑なアイデアを単純明快に表現する能力も必須の条件である。

 

だがしかし、苦痛を伴う変化の過程のなかで人々を導いていくということになると、明瞭には定義しにくいもう一つの資質、つまり惑星の引力と同じような人間の力が必要となる。

 

この資質が何であれ、この能力はビジネススクールで習得できるものでないことは、いうまでなる。

 

←もない。

 

自分の育てられ方は生まれてすぐに決まった、と在宅ワーク支持者は言っている。

 

「私は一人息子だったので、普通の人よりたっぷり愛され、栄養を与えられ、キスを受け、そして褒められた。

 

」在宅ワーク支持者が生まれたのは一九三五年であるが、彼の両親グレースとジョン・在宅ワーク支持者・シニアは、それまで一六年の間、子供をつくろうと努力した。

 

そして彼の後には、子供は生まれなかった。

 

在宅ワーク支持者の両親の祖父母はともにアイルランドからの移民であり、彼の両親とも高校を卒業していなかった。

 

在宅ワーク支持者の父ジョンはボストン.アンド・メイン鉄道の車掌で、労働組合活動に熱心だった。

 

在宅ワーク支持者が父に抱いている印象は優しく、物腰が穏やかで、口数の少ない、背景のなかに消えいってしまうような男である。

 

ジョンは朝の五時半には仕事に出かけ、夜は七時半すぎまで戻らないことも多く、息子に与えた影響は比較的少なかった。

 

在宅ワーク支持者は自分が、彼の年代で最も成功した企業経営者、あるいはビジネスマンになることは予期していなかった。

 

彼がマサチューセヅッ州セーラムで育ったころには「ビジネスで成功するとは考えたこともなかった」と言っている。

 

彼は中流階級の家庭で育った。

 

それは、彼が望んでいたよりは貧しい家庭だった。

 

これを在宅ワーク支持者は「私はいつも自分の鼻をガラスに押しつけていた」と表現している。

 

激しいまでに競争的な彼は、いままでの人生において自分自身のために困難な目標を設定し、そして大抵はそれを実現してきた。

 

しかしそれでもなお「私の人生は、まだまだ非常に気楽なものだ」と言っている。

 

対照的に、一九六六年に亡くなった母親は、彼の人生に大きな影響を与えた。

 

グレース・在宅ワーク支持者は息子に、彼が取り組むことは何であれ成功すると確信させ、在宅ワーク支持者は母の言葉を信じた。

 

ウェルチに独立心をもつこと、自己への確信をもつこと、そして何事にも工夫することを教えたのは彼女であり、また在宅ワーク支持者が現在もっている最も優れたアイテアの多くを彼に与えたのも彼女であった。

 

ウェルチは今でも母親に対する自らの感情を隠そうともせず、しばしば母について語っている。

 

「彼女は私の人生の非常に重要な一部分であった。

 

一人息子の私は、よく彼女と一緒に時間を過ごした。